進行を遅らせましょう

メガネ

症状を確認してみよう

スマホの長時間使用は、老眼や眼病を引き起こす原因の一つとなっています。老眼になると、スマホを見た時にさまざまな症状を引き起こします。このことを念頭に置きながら無理をしないように努める事で老眼の進行を遅らせてくれます。初めに感じるのが眼精疲労です。スマホを30センチよりも手前で見続けていると、眼筋が硬直して見たい距離にピントを合わせる事が難しくなっていきます。徐々にスマホとの距離を話さないと疲れがひどくなったり、映像がにじんで見えるようになります。近視のメガネを掛けている人は、メガネを外した方がピントが合いやすくなると老眼が進行している証拠です。軽度の近視の場合には眼鏡を外すと良く見えますが、強度近視の人は見たい距離で物が見えずに老眼鏡を使用したり、近視の眼鏡を遠近両用やデスクワーク用の眼鏡に変更することで疲労感が軽減します。そして、眼精疲労の原因にはスマホの画面から発生するブルーライトの影響も考えられます。ブルーライトは眼球の裏側にある網膜に強く刺激を与え、炎症を起こしたり歪みを感じる病気に繋がるともいわれています。メガネにブルーライトをカットしたコーティングを施したり、明るい部屋でスマホを見る事を気に掛けて、暗い部屋などの光のコントラストを感じやすい環境での使用は避けましょう。また、老眼の症状が進行すると普段使用している遠く用の眼鏡の度数が変化する場合もあります。乱視が増えていたり、近視が増減する場合もあります。定期的に視力やメガネの度数を確認し、日頃の変化に気に掛けましょう。

Copyright© 2018 スマホ老眼の予防法について【大切な目を労わるために】 All Rights Reserved.