メガネ

ブルーライトメガネの利点

スマホを見続けていると目が痛くなる場合があります。スマホの高画質な画像に含まれるブルーライトの影響が考えられます。ブルーライトは長時間見続けていることで目に負担が来る場合があります。場合によっては老眼の危険もあります。その対策として、その光をカットするブルーライトメガネを使用することで回避できます。

詳しく見る

メガネ

ピントがぼやける原因

スマートフォンを近距離で長時間使用していると、近くのものにピントが合いにくくなったりして老眼に似た症状が出てきます。こうしたスマホ老眼は、眼にダメージを与えて眼精疲労を引き起こすブルーライトが最大の原因です。ブルーライトをカットするメガネやフィルター等を利用すれば、スマホ老眼の症状も予防できます。

詳しく見る

男女

20代での自覚症状は注意

目の毛様体筋が硬化することで生じるのが、ピントが合いにくくなる老眼です。スマホの普及で若い方にも老眼の症状を訴える方が増加しており、毎日しっかりと対策するようにしましょう。スマホを長時間使用しないことに加えて、食生活を見直すことが重要です。

詳しく見る

メガネ

進行を遅らせましょう

スマホが原因の老眼は、近くのものが見えにくくなるだけでなく、眼精疲労や眼病を引き起こす場合があります。スマホを見る時の距離や時間に気を付けて、明かりを充分ある環境での使用を心掛けましょう。定期的に視力やメガネの度数を検査して、老眼の状態を確認しましょう。

詳しく見る

女性

若い世代に急増中

若い世代にも一般的な老眼と同じように目が霞んでしまったり近くが見えにくいという症状に悩む人が増えています。スマホ老眼と呼ばれる症状であり、その対策としてはスマホの使用を減らす方法があります。しかし、もっと手軽に行える対策として口コミでも話題となっているのが目の疲労緩和に役立つサプリメントです。

詳しく見る

予防や改善のポイント

女性

いつでも見る習慣をやめる

長時間に渡ってスマホを触っている人の間で、「スマホ老眼」と呼ばれる症状が起こることが増えています。これは、小さな画面の小さな文字を凝視して見続けたために目のピントを調整する機能が疲弊して起こるもの。ピントの調整がうまくできず、スマホから顔を上げた時に目がかすむ、遠くがぼやけて見えるなど、老眼のような症状が現れるというものです。多くの場合一過性の症状で、目の周辺の筋肉の疲労が回復すれば老眼のような症状も改善します。しかし、毎日毎日長時間スマホをいじることで同じ状態が繰り返されていくと、眼精疲労を起こしてひどい頭痛や吐き気、肩こりに悩まされたり、目のかすみがひどくなったりと悪化することもあります。スマホ老眼を起こさないためには、使い方を見直すことが重要です。いつでもどこでも少しの空き時間ができたらスマホを出してインターネットやゲームをする、という習慣がある人はきっぱりやめましょう。スマホではなく、遠くを見て目を休めたり、少しストレッチして体をほぐしたりするのがおすすめです。特に、揺れる電車の中でスマホを見る行為はより凝視する必要があるため、目にかかる負担はかなり大きなものとなります。電車でのスマホは特にやめたほうがいいでしょう。また、意識的に目と画面との距離を離すことも大切なポイントです。30〜40cm程度離すといいでしょう。さらに、画面が明るすぎるのも目の負担となりますので、輝度を下げるように設定するのも効果的です。大切な目を労わるために、スマホの使用法はしっかり見直しましょう。

Copyright© 2018 スマホ老眼の予防法について【大切な目を労わるために】 All Rights Reserved.